女性のデリケートな悩み

女性には誰もが抱えたことのあるデリケートゾーンの悩み。かゆみ、臭い、黒ずみなどさまざま。
デリケートゾーンはトラブルになりやすい場所ですし、恥ずかしくて相談できないって方が多いと思います。
特に女性器に関しての悩みでいちばん多いとされているのが「小陰唇」という部分だったりします。
小陰唇ってどこなんだろう?という方もいると思いますので簡単に説明したいと思います。

小陰唇とは膣の入口の近くにあるヒダのことです。尿道や膣の入口を保護する役割・・・いわばフタのようなものです。
小陰唇はデリケート部分で形や大きさに個人差がもっとも大きくでる箇所です。左右の長さが違かったり、大陰唇からはみ出すということもあります。
これを小陰唇肥大といいます。特に女性は大陰唇からはみ出たヒダにコンプレックスを強く持つのです。

このように肥大になった小陰唇は治らないと思われがちですが、手術で簡単に縮小ができます。
縮小することによってパンツで圧迫されることもなくなり、痛むということもなくなります。

また、縮小せずにそのまま放置しておくと色素沈着して黒ずんでしまいます。
そうならないためにも縮小手術をしっかりとして元の形に整えた方がベストだとおもいます。

OUT LINK

小陰唇縮小について無料で相談したいなら:小陰唇縮小手術の安心クリニックなび~大阪編